Welcartデザインテーマ:Sunshine リリース


Responsive-sunshine

Welcartデザインテーマ「Sunshine」をリリースしました。

ポップでキュートな可愛い系テーマ

ファンシー雑貨、女性向けのポップなショップをイメージした、女性デザイナーによるテーマです。
大きなロゴに分かりやすいナビゲーション、大きなトップ写真、そして大きな商品画像ページで、買い物が楽しくなるようなショップに最適です。

管理画面から簡単に背景カラーの変更ができるので、テーマカラーとなるピンク以外でも様々なイメージでショップを作成することができます。またポップなフォントを利用していますが、フォント変更、背景やロゴを変えるだけで全くイメージが変わります。レイアウトだけを採用し、男性向けなどの一般的なショップにも応用が可能です。

Themes : Sunshine

sunshine01

sunshine04

sunshine_custom01

Welcart 1.4.8 がリリースされました

Welcart1.4.8がリリースされました。
WP4.0を新規インストールした環境(wp_config.phpにWPLANGが無い環境)にて、販売対象国が日本のみのとき、国内配送でも「国際便を指定してください」のエラーになる不具合などの修正が行われています。

http://www.welcart.com/community/archives/72074

主な変更点は以下のようになっています。

  • usces_tax_label()関数でのNoticeエラーを修正
  • 入金ステータスがある受注データを一括更新で「発送済み」にすると、受注データ編集画面で、ステータスが表示されない不具合を修正
  • 商品詳細表示の関連商品(タグ)の価格が小数点以下2桁が表示されない不具合を修正
  • 英語環境で、業務パックの価格ガイドの価格計算が間違っている不具合を修正
  • 販売対象国が日本のみのとき、国内配送でも「国際便を指定してください」のエラーになる不具合を修正(WP4.0での新規インストール環境にて)
  • 台湾の通貨コードをTWDに変更
  • 商品オプションにチェックボックスとラジオボタンを追加
  • 管理画面で読み込まれているjquery-ui のスタイルを、Welcart以外で読み込まないよう修正
  • ポイントの適用範囲が「商品合計額及び手数料などにも適用」のとき、 PayPal 決済で商品合計額以上に値引きが適用されるとエラーになる不具合を修正
  • ポイントの適用範囲が「商品合計額及び手数料などにも適用」のとき、 PayPal 決済で商品合計額以上にポイントを使用するとエラーになる不具合を修正
  • ポイントの適用範囲が「商品合計額及び手数料などにも適用」のとき、 消費税も含め全額ポイントで支払えるように仕様変更
  • 商品オプションを使用していない商品をカートにいれたとき、incart_checkのチェックにひっかかるとエラーとなる不具合を修正
  • テーマに関する変更はありません。

「テーマに関係する変更はございません。」となっていれば、テーマレベルで対応する作業がないことを示されており、Welthemesのテーマへの影響はございません。

Welthemesのデモサイトも Welcart1.4.8 にそれぞれアップデートを行いました。

DemoSite1: http://demo.welthemes.com/?themedemo=welcart_novel
DemoSite2: http://demo2.welthemes.com/?themedemo=welcart_hipster
DemoSite3: http://demo3.welthemes.com/?themedemo=welcart_sunshine

新テーマのお知らせ

新たにArtifact、Sunshineのテーマが追加されました!
artifact_responsive

Responsive-sunshine

サポートパックのお知らせ

Welthemesでは低価格なダウンロード販売と合わせ、ゼロの状態から全てのインストールや設定を完了させ、ショップが完成した状態でお渡しするサポートパックが好評です。費用は前後しますが5万円程、多くの場合24時間以内でお渡ししています。
時間を節約したい場合にはぜひご活用ください。

よろしくお願いします。

Welcartデザインテーマ:Artifact リリース


artifact_responsive

Welcartデザインテーマ「Artifact」をリリースしました。

あらゆるショップのベースとして使えるテーマ

白背景に黒の文字、背景に画像などを用いないスタイルは、ウェブの流行に左右されずどんな時代でも人々を魅了します。コンテンツそのものへ注意が集まりやすい、つまり商品写真や文章がぐっと浮き出てきます。商品そのものや写真に自信がある場合におすすめです。

アートやアンティーク、作家物ギャラリーのような雰囲気のあるショップなど、商品そのものや写真に力を入れていて、サイトそのものはとにかくシンプルにしたいという方に最適です。

このテーマは最もベーシックなminimumから派生したバラエティ溢れるテーマの良い部分を踏襲し、その上で改めて原点回帰させたテーマです。特に目新しさのない質素なデザインでありながら、内部で改良に改良を重ねられた力強いテーマとなりました。

Themes : Artifact

Welcartケーススタディ:hopeful

Welcartケーススタディ:hopeful

Welcart を使ったデザインの素敵な事例、今回は香川県高松市のhopefulさんというセレクトショップのオンラインストアをご紹介します。

こちらはWordPressとWelcartという組合せでECバックエンドを組み立て、そしてWelthemesのMuseoテーマをベースにしてフルカスタマイズされたサイトです。

http://house-of-hopeful.jp

Screen-Shot-2014-09-11-at-12.54.29-PM

個性的デザインと使い勝手のバランス

こちら、一見して感じられる通りとても個性的なデザインのサイトになています。
外側からサイトを見るだけなら「変わったサイトだな」くらいにしか思わないかもしれませんが、実際のショップ、取り扱う商品、そしてこういったお店にはしっかりとした固定ファンのお客さんたちがいるはずで、お店とお客さんの間の世界観がしっかりと共有されているのではないかと想像します。

ただ、これだけ個性的なビジュアルを全面に出しながらショップとしての機能(商品一覧の見やすさ、商品詳細画面、カートから購入手続き画面)はシンプルに整理され、とても使い勝手のよいサイトになっていると感じます。

その他にも商品詳細画面からの「関連商品表示」「最後にチェックした商品表示」、パンくずナビ、などサイト内をぐるぐると見て回りやすくなる工夫もしっかりとなされています。

Screen-Shot-2014-09-11-at-12.54.55-PM

Screen-Shot-2014-09-11-at-12.55.13-PM

Museo

Themes – Museo

MuseoはWelthemesnの中では特にシンプルで、そのままでは使い所が限定されるくらいシンプルなテーマです。
今回、あえてそれをベースにしながら盛りだくさんのカスタマイズを加えたという所に、制作者様のセンスや設計力、実装する技術力の高さを感じました。

museo-responsive

カスタマイズベースとしての考え方

Welthemesのテーマはシンプルさと使いやすさを一番に考えています。それをベースに残しながら遊びや独創性を加えていくという方法は、カスタマイズの効率性がよく、ぜひお勧めしたい開発方法です。

こういった方法はWordPressでの一般的なサイト制作でもよく用いられますが、Welcartは特に複雑なテーマ構造を持っているため1からカスタマイズしていく場合と比べ、結果的に何日もの工数を短縮できます。

制作会社等であれば2,3日の短縮だけでも10万、20万のコスト差が出てしまいますので、テーマ購入費用はほぼ無視できるものになってきます。こういった考え方ができる所では、有料テーマを積極的に活用して頂いているようです。Welthemesでも一度に複数テーマを購入して良い部分だけ組み合わせて使いって頂いているケースも多くあるようです。

サイト制作者の方へのご依頼

今回、hopefulさんのサイト上に制作者のクレジットはありませんので紹介は省略させて頂きますが、もしこの記事を見て、四国近辺でこのようなサイト制作をお考えの方がいらっしゃればWelthemesよりご紹介させて頂きたいと思います。お気軽にお問い合わせください。