Welcartの商品登録画面を劇的に楽にするプラグイン「Image Uploader for Welcart」

Welcartをさらに便利にするプラグイン「Image Uploader for Welcart」をご紹介します。

welca

Welcartの画像登録の仕組み

Welcartの商品画像登録の仕組みは若干使いづらい部分があります。それは商品画像を商品登録画面でアップロードするのではなく、別々の場所で作成した商品コードと画像ファイル名を合わせることで内部的にマッチングさせることで、結果的に商品画像として認識されるということです。

商品登録画面から一括アップロードできるように

「Image Uploader for Welcart」は商品登録画面に「画像の追加・編集」ボタンを追加し、welcartのメディアライブラリによる一括アップロードができるようになるプラグインです。

プラグインを利用した際の商品登録画面はこのようになります。

Welcartの商品編集画面から画像アップロードする「Image Uploader for Welcart」

Welcart本来であればここで画像の追加・編集はできず、商品コードと同じファイル名の画像が既にアップロードされていればそれらがサムネイル表示されるだけなのですが、上のようにその場で「画像の追加・編集」が追加されています。
また各画像はその場でドラッグアンドドロップで順番を変えたり、×ボタンで登録解除したりすることができます。

Welcartのファイル名で紐付ける仕組みというのは、大量のデータを一気に作業するには便利な一面もあります。しかし、商品登録という意味では分かりにくいと感じる方も多いようです。
例)Tips: Welcart商品登録のコツ http://welthemes.com/2013/06/19/tips-imageupload/

このプラグインの良い所は、アップロードが劇的に分かりやすくなるというだけでなく、アップロードしたものが画像が自動でwelcartの仕組みにそって連番になるようリネームされて登録される所です。これにより画像の呼び出し方はwelcartの機能のままとなり、Welcartの将来的なアップデートで問題になる可能性も低く、テーマに手を入れる必要がないということです。

Welcartを利用している方には必須のプラグインになるのではないでしょうか。

プラグインのダウンロードはこちらから
https://wordpress.org/plugins/image-uploader-for-welcart/

作者の方のブログでも詳しく解説されています。プラグイン紹介以外にも、WordPress、Welcartのカスタマイズ記事がとても参考になるのでおすすめです。
http://web.contempo.jp/weblog/tips/p636

Welcartが「Google Analytics by Yoast」に対応

Welcart公式ブログにて「Google Analytics by Yoast」への対応が案内されています。
http://www.welcart.com/community/archives/73075

eCommerce_Dashboard_by_Yoast_-_Google_Analytics-550x487

従来、Googleユニバーサルアナリティクスに対応するためにはプラグイン「Google Analytics Dashboard for WP」の一部ファイルを差し替える方法を用意して頂けておりましたが、Welcart1.4.11以降では「Google Analytics by Yoast」をインストールし、設定を行うだけで購入情報などのEコマース情報のトラッキングが集計できるようになっています。

導入方法は公式サイトにて詳しく解説されていますので、ぜひ導入してみましょう。

http://www.welcart.com/community/archives/73075

Google Analytics by Yoastのダウンロードはこちら

WordPress4.1での動作確認

2015-laptop-1024x533

WordPress4.1日本語版がリリースされたため、年末にテスト環境にてWelcartでの動作確認を行なっていました。Welcartは最新版の「1.4.12」で、動作に問題は確認できませんでした。

WelthemesデモサイトはWordPress4.1 + Welcart1.4.12 となっていますので、動作確認のチェックにもご利用ください。
http://demo.welthemes.com/

テーマを切り替えられるデモのURLはこちらです。
http://demo.welthemes.com/?themedemo=welcart_minimum

WordPress4.1での主な変更

管理画面内での便利機能が追加されていますが、開発者向けの変更としては次のようなものがあります。

複雑なクエリー

メタデータ、日付、タクソノミーのクエリーが高度の条件ロジック(ネストされた節や複数の演算子 — A AND ( B OR C ))をサポートするようになりました。

カスタマイザー API

カスタマイザーがプレビューしているページに基づいたパネルとセクションの表示をサポートするようになりました。

テーマのタイトルタグ

add_theme_support( ‘title-tag’ ) は WordPress にドキュメントタイトルの複雑なものを扱うように指示します。