SUPPORT BLOG

ECシステムの比較や選び方、またショップデザインをする上でのコツやアドバイス集です。

ごちゃごちゃしたサイトがどうしても苦手なシンプル追求派の方、おしゃれなショップを目指したい方はぜひ読んでみてください。

WordPress 4.7 へのアップデートで500エラー

WordPress 4.7 へのアップデートで500エラーになってしまった際の対処メモです。

あるWordPressのサイトを4.7へアップデートした所、ローディング画面からそのまま500エラーになってしまいました。公開側は問題なく、管理画面のみにアクセスできない状態になりました。

wordpress.orgのトピックを調べていた所プラグインが原因になっているようでした。

対処

  1. まずプラグインを無効化します。管理画面にアクセスできないためDBから直接操作する、またはサーバに接続してpluginsフォルダを「plugins_」などにリネームします。フォルダをリネームすると全てのプラグインを読み込めない状態、つまり「無効化」された状態になります。
  2. ブラウザで管理画面をリロードすると無事に表示されました。
  3. プラグイン画面に移動してプラグイン一覧を表示させておき、先ほどのサーバ上のpluginsフォルダの名前を元に戻します。
  4. プラグイン一覧画面をリロードすると、全てのプラグインが無効化された状態で表示されます。無効化された状態で、アップデートがあるものは全てアップデートしていきます。
  5. プラグインも全て最新版になったところで1つづつ有効化して動作をチェックします。

今回、更新通知でプラグインアップデートがたくさん来ている状態で先にWordPress本体をアップデートしてしまったことが原因です。プラグインがWordPressの変更に対応しているかどうかを確認し、アップデートがあればアップデート、なければ無効化しておくと良いですね。

ローカル環境でWelcartもチェックしていますが、特に問題なく動いています。
ただWelcartオフィシャルではまだ正式に案内されていませんので、ショップ運営中の方は保留としておくのが良いですね。

こちらに案内されました!

WordPress 4.7 への対応について

Welcart情報は公式サイトを、またFacebookでいいねして最新情報をチェックしましょう。

Welcartテーマベスト3 / 2016 下半期

Welthemesでの2016年後半の人気テーマをご紹介します。

やはり基本はシンプル系がトップ3を占めていますが、後半にリリースした「Walden」は非常にご好評いただいています。
「Walden」は基本的にはシンプルと言って良いのですが、minimumのような従来型のシンプルさではなく、近年の主たるトレンドであるワンページ、ロングスクロール、パララックスエフェクトなどを活用した今風のシンプルさが人気です。

また最近は3テーマパッケージとして一度にいくつかのバリエーションのテーマをご購入頂くことが非常に多くなっております。

第1位 minimum

minimum-Responsive-Screen
テーマ「minimum」の詳細へ

minimumは最もシンプルで定番レイアウトで使いやすいテーマです。
これだけシンプルであればカスタムベースにも使え、またそのままでも驚くほど写真が良く見えます。

第2位 Wanden

walden_responsive

walden02

テーマ「Walden」の詳細へ

アクセスした瞬間にショップの世界に引き込まれるようなメインビジュアル。
そしてスクロールすると重なりあうようにして商品が表示されていきます。
昨今のウェブデザイン表現では欠かすことができなくなったパララックス表現をシンプルに取り入れたデザインテーマです。
写真が大きな要素となるため、選ぶ写真によってあらゆる雰囲気のあるショップが見違えるほどおしゃれに生まれ変わります。
また、トップページでは縦に長いページとして、ページの中盤にはヘッダービジュアルと同じリズムでもう1つ、新たな特集セクションを作成することができます。このセクションを活用することで、カテゴリごとの特集、またキャンペーン用にカテゴリを作成し、対象商品をそのカテゴリーに含ませ、特集セクションを組むことで様々な商品を印象的に取り上げることができます。

第3位 Hipster/Tokyo系

Hipster-Responsive-Screen
http://welthemes.com/themes/hipster/

tokyo_dark_Responsive
テーマ「Tokyo Dark」の詳細へ

これらは横幅いっぱいのスライダー、シンプルなナビゲーション、そしてサイドバーを持たないというという割り切ったレイアウトが特徴。

ショップの雰囲気自体も、また来店する顧客自体も分かりやすさよりむしろ洗練された雰囲気を好むようなイメージでデザインしています。

アパレル関連にかぎらず、トップで美しい写真を大きく使いたいショップには最適です。

banner_winter17

年末期間限定で全テーマ20%OFFクーポンが利用可能です。
オファーコード:winter17
※購入画面「オファーコード」欄にコードを入力、割引が適用されたのを確認してから支払いボタンを押してください。

Welcart 1.9 がリリース

Welcart 1.9 がリリースされています。
WP4.5.4から、商品サブ画像が認識されなくなった不具合に対応されています。
また新しい決済モジュール「WelcartPay」が実装されています。
https://www.welcart.com/community/archives/80571

WelcartPayとは?

logo1

WelcartPay は、ソニーペイメントサービスの e-SCOTT システムを利用した
Welcart 専用の高機能決済サービスです。
今まで、運用形態によって利用できる決済サービスが限られていましたが、
WelcartPay ではほとんど全ての運用形態に対応しています。
また、決済会社の管理画面にログインせずに、Welcartの管理画面から
金額の変更・取消などが行なえるのが最大の特徴です。

決済にまつわる部分は選ぶのも、設定もなかなか複雑な手続きですが、Welcart専用サービスということで、かなりシンプルで便利になりそうです。

Welcart 1.9に関するその他の変更点は以下のようになっています。

  • WelcartPay決済を実装
  • WP4.5.4から、商品サブ画像が認識されなくなった不具合に対応
  • 一部環境で、内容確認ページを表示中、複数ウィンドウ(タブ)を開いていないのにリダイレクトしてしまう不具合を修正
  • スマホの絵文字を使うとデータベースエラーになる不具合に対応
  • 入金ステータス一括変更時のポイント付与に不具合があったのを修正
  • 決済直前ログから受注データを作成するとき、「受注日時に登録日を設定」にしても登録日にならない不具合を修正

テーマへの影響はありません。
Welthemesのデモサイトも Welcart1.9(WordPress4.6.1) にそれぞれアップデートを行いました。

最新テーマ「Walden」が好評です

DemoSite4: http://demo4.welthemes.com/?themedemo=welcart_walden

walden01

walden02

walden05

その他のテーマデモサイト

DemoSite1: http://demo.welthemes.com/?themedemo=welcart_novel
DemoSite2: http://demo2.welthemes.com/?themedemo=welcart_hipster
DemoSite3: http://demo3.welthemes.com/?themedemo=welcart_sunshine

WordPress4.6へのアップデート

Welcart公式FacebookにてWordPress4.6での問題が報告されていましたが、そちらはサイト固有の問題ということで、アップデートして問題ないということでした!

テーマ開発部でも開発環境は4.6にアップデート済みでしたが、同様の事象は起こっていませんでした。念の為、本番環境のアップデートは控えていましたが、これでアップデートしたいと思います。

Welcart公式Facebookでは、Welcartの状況を細かく共有されています。
Welcartをご利用の方はぜひ「いいね」してフォローすることをおすすめ致します!

こちらの画像ファイル名の件も、遭遇して原因がわからぬままだった方もいらっしゃるのではと思います。

画像アップロードプラグイン「Image Uploader for Welcart(Mizuho Ogino)」はWelthemesブログでもおすすめしているプラグインです。

Welcartの商品登録画面を劇的に楽にするプラグイン「Image Uploader for Welcart」

Welcart 1.8.8 がリリースされました

Welcart 1.8.8 がリリースされています。
廃盤で非表示にした商品が購入できてしまう不具合などの修正が行われているようです。

https://www.welcart.com/community/archives/80060

主な変更点は以下のようになっています。

  • 公開状態を非表示にした商品が購入できてしまう不具合を修正
  • 在庫連動有効時、キャンセルしても在庫数および在庫ステータスが変わらない不具合を修正
  • 「ポイントシステムを利用しない」にすると、管理画面にて会員更新時Noticeが出る不具合を修正
  • SKUコードが0の場合正常に動作しない関数がある不具合を修正
  • 【e-SCOTT】決済エラー時、エラー画面に遷移しない不具合を修正
  • 【ゼウス】クレジットカード情報変更時の nonce チェック追加
  • フロントを英語にしたとき、サンキューメールのお客様名の敬称がおかしいのを修正

テーマへの影響はありません。

Welthemesのデモサイトも Welcart1.8.8(WordPress4.5.3) にそれぞれアップデートを行いました。

最新テーマ「Walden」デモサイト

DemoSite4: http://demo4.welthemes.com/?themedemo=welcart_walden

walden01

walden02

walden05

その他のテーマデモサイト

DemoSite1: http://demo.welthemes.com/?themedemo=welcart_novel
DemoSite2: http://demo2.welthemes.com/?themedemo=welcart_hipster
DemoSite3: http://demo3.welthemes.com/?themedemo=welcart_sunshine

Next Posts