SUPPORT BLOG

ECシステムの比較や選び方、またショップデザインをする上でのコツやアドバイス集です。

ごちゃごちゃしたサイトがどうしても苦手なシンプル追求派の方、おしゃれなショップを目指したい方はぜひ読んでみてください。

Welcartテーマベスト3 / 2017

少し早いですがWelthemesでの2017年の人気テーマをご紹介します。

やはり基本はシンプル系がトップ3を占めていますが、後半にリリースした「Walden」は非常にご好評いただいています。
「Walden」は基本的にはシンプルと言って良いのですが、minimumのような従来型のシンプルさではなく、近年の主たるトレンドであるワンページ、ロングスクロール、パララックスエフェクトなどを活用した今風のシンプルさが人気です。

第1位 Wanden

walden_responsive

walden01

walden02

walden05

デモサイト: http://demo4.welthemes.com/?themedemo=welcart_walden

テーマ「Walden」の詳細へ

アクセスした瞬間にショップの世界に引き込まれるようなメインビジュアル。
そしてスクロールすると重なりあうようにして商品が表示されていきます。
昨今のウェブデザイン表現では欠かすことができなくなったパララックス表現をシンプルに取り入れたデザインテーマです。
写真が大きな要素となるため、選ぶ写真によってあらゆる雰囲気のあるショップが見違えるほどおしゃれに生まれ変わります。
また、トップページでは縦に長いページとして、ページの中盤にはヘッダービジュアルと同じリズムでもう1つ、新たな特集セクションを作成することができます。このセクションを活用することで、カテゴリごとの特集、またキャンペーン用にカテゴリを作成し、対象商品をそのカテゴリーに含ませ、特集セクションを組むことで様々な商品を印象的に取り上げることができます。

第2位 minimum

minimum-Responsive-Screen
テーマ「minimum」の詳細へ

minimumは最もシンプルで定番レイアウトで使いやすいテーマです。
これだけシンプルであればカスタムベースにも使え、またそのままでも驚くほど写真が良く見えます。

第3位 Hipster/Tokyo系

Hipster-Responsive-Screen
http://welthemes.com/themes/hipster/

tokyo_dark_Responsive
テーマ「Tokyo Dark」の詳細へ

これらは横幅いっぱいのスライダー、シンプルなナビゲーション、そしてサイドバーを持たないというという割り切ったレイアウトが特徴。

ショップの雰囲気自体も、また来店する顧客自体も分かりやすさよりむしろ洗練された雰囲気を好むようなイメージでデザインしています。

アパレル関連にかぎらず、トップで美しい写真を大きく使いたいショップには最適です。

最近のEC動向

BASEのような簡単に開設できるECサービスが人気なこともあり、小規模ECの作り方は大きく変わってきています。
WelthemesとしてはWelcartを第一にオススメしたいところではありますが、やはり手軽さを求めればBASEなどが一番だと感じます。特に決済システムの準備という部分で大きな違いがでます。

ただ、長期的に考えればやはり自前ショップの強みは出てきます。
簡単なサービスはその分手数料が大きく、商品数が多かったり、商品単価が高い場合、売上が上がれば上がるほど、利益を圧迫してしまいます。
それを考えれば最初から自前の決済システムを持ってしまうというのはすぐに大きな違いとなっていきます。
簡単なシステムでお店を始めたものの、すぐに規模が大きくなってしまい移転することになってしまったという方がいらっしゃいましたが、そうなるとやはり商品情報のエクスポート機能がないためにすべて手動でやり直す必要がありました。

また昔から言われることですが、カート画面まで独自ドメインで、同じサイトデザインで簡潔する、という潜在的なブランディング効果は今も大きいのかもしれません。

Welcart 1.9.4がリリース【脆弱性の修正】

Welcart 1.9.4 がリリースされています。

Welcartにて脆弱性が見つかったとのことで、脆弱性に対応した修正版が公開されています。

古いバージョンの「Welcart」プラグインを使用されている場合は、第三者によってサイトを改ざんされる可能性があるため早急に最新版へのバージョンアップが必要です。

https://www.welcart.com/community/archives/83947

主な変更点は以下のようになっています。

オブジェクトインジェクション脆弱性の修正

フロントにて、オブジェクトインジェクションと思われる脆弱性が認められました。過去のすべてのバージョンが対象となります。1.9.4にアップグレードしてください。放置しますと、サイトに任意のファイルの埋め込まれる可能性があります。

  • 納品書PDFが複数ページになる場合、1ページ目のフッター情報を表示しないよう変更
  • 発送・支払ページで別配送先を選択し、「住所検索」ボタンを使用した場合、「配送希望日」が正しく設定されない不具合の修正
  • wc_customer_page.php で mailaddress1 というid値が重複しているのを修正
  • 【PayPal】ウェブペイメントプラスで決済時、受注データに配送先情報、商品が追加されない不具合の修正
  • ポイント使用時、全てポイントで支払う場合、ポイントフォームが表示されなくなる不具合の修正
  • 【ソフトバンクペイメント】決済に、銀聯オプションを追加
  • 商品リストで、検索項目カテゴリーのとき、非公開のカテゴリーを選択肢に表示するよう修正
  • 全額ポイント決済時に、消費税額が含まれるよう修正
  • Yahoo!ウォレット 仕様変更に対応

レンタルサーバーからも注意喚起が行われています

Hetemlなどのレンタルサーバーからのユーザーに向けたメール配信にて通知しています。
https://heteml.jp/info/detail/id/1982

テーマへの影響

テーマへの影響はありません。
Welthemesのデモサイトも Welcart1.9.4(WordPress4.8.1) にそれぞれアップデートを行いました。

DemoSite4: http://demo4.welthemes.com/?themedemo=welcart_walden

walden01

walden02

walden05

その他のテーマデモサイト

DemoSite1: http://demo.welthemes.com/?themedemo=welcart_novel
DemoSite2: http://demo2.welthemes.com/?themedemo=welcart_hipster
DemoSite3: http://demo3.welthemes.com/?themedemo=welcart_sunshine

Welcart 1.9.3 がリリースされています

Welcart 1.9.3 がリリースされています。
ソニーペイメントサービス決済(e-SCOTT Smart、WelcartPay)で、一部のサーバー環境にて重複決済が発生する場合がある不具合などを修正しています。詳細は以下の通りです。https://www.welcart.com/community/archives/83334

主な変更点は以下のようになっています。

  • 【WelcartPay】【e-SCOTT Smart】一部のサーバー環境にて重複決済が発生する不具合を修正
  • 【e-SCOTT Smart】コンビニ決済のエラーメッセージにカード決済のメッセージが出てしまう不具合を修正
  • 【WelcartPay】「埋込み型」で「クイック決済」利用時、カードを登録しないで購入できるよう仕様を変更
  • 【ペイデザイン】コンビニ決済時、商品名が長い場合エラーになる不具合を修正
  • 【PayPal】PayPal決済設定で、連携していたPayPalのAPIが終了となったため、決済設定ができなくなった不具合を修正
  • 【ゼウス】支払方法を停止もしくは使用していなくても、メンバーページに「クレジットカード変更」のリンクが表示される不具合を修正
  • ポイント使用を行った後、カートに商品を入れ直す場合、金額がマイナスになる事がある不具合を修正
  • 内容確認ページで、ページ離脱防止のためのJavaScriptアラートを入れる

テーマへの影響はありません。
Welthemesのデモサイトも Welcart1.9.3(WordPress4.8) にそれぞれアップデートを行いました。

パララックスデザインのテーマ「Walden」が好評です

DemoSite4: http://demo4.welthemes.com/?themedemo=welcart_walden

walden01

walden02

walden05

その他のテーマデモサイト

DemoSite1: http://demo.welthemes.com/?themedemo=welcart_novel
DemoSite2: http://demo2.welthemes.com/?themedemo=welcart_hipster
DemoSite3: http://demo3.welthemes.com/?themedemo=welcart_sunshine

WordPressで困ったら。まずは「問題を切り分ける」

Welthemesではテーマ利用のサポートを行なっていますが、自分だけでできるだけ早く解決するための対処方法をご紹介します。

Welcartを使っている場合、要素としては「WordPress」とプラグインである「Welcart」を使っているということになります。ここまででオンラインショップの仕組みが出来上がっています。そこに、最終的な見栄えを整えるため「テーマ」がかぶさっているようなイメージです。

何か問題がおきたとき、「WordPress」「Welcart」「テーマ」のどこの問題かを切り分ける必要があります。

1. テーマをWelcartデフォルトテーマに戻してみる

今利用しているテーマ(Welcart以外で配布されている無償/有償テーマ)を、Welcartデフォルトテーマに切り替えてみて、発生している問題が再現されるかどうかを確認します。

再現しない場合:テーマに原因がある可能性が高いため、テーマ開発者に問い合わせましょう。
Welthemesのテーマをご利用いただいている場合、お問い合わせフォームへご連絡ください。

再現される場合:デフォルトテーマでも問題が起こるということは、テーマではなくそれ以前の問題を疑い、次の2を検証します。

2. Welcartの機能上での問題かどうか

例えば、「管理画面から投稿できない」、「生成したページNotFoundになる」、といった根本的な問題であれば、そもそもWordPressがうまく動いていない可能性があります。その場合はまずプラグインもすべて無効化してまずまっさらな状態でWordPressが動く状態を作ってみましょう。
この場合ではWordPressのフォーラムや、利用しているサーバのサポートに問い合わせるのがもっとも良い方法になると思います。

次に、例えば「カートに商品が入らない」「買い物できない」といったWelcartの機能上の問題であることがはっきりしていれば、Welcartのフォーラムが役にたちます。

Welcartフォーラム

フォーラムでは、まずは検索機能から自分に起きている問題のキーワードを検索して、過去に同じトピックがないか探します。
ほとんどのトラブルは既に過去に投稿され解決されている場合が多いので、それを見つけるのがもっとも早いでしょう。

どのようなフォーラムでも、新しく投稿する場合は利用環境や現状をできるだけ詳しく書いて、回答してくれる人が「質問への質問」をしなくてもいいように工夫することが大切です。

切り分けが大切な理由

「WordPress」「Welcart」「テーマ」と、3つのプロダクトを利用している場合それぞれの開発者、専門的に関わっている人がいます。

「テーマ」に問題があるのに、テーマの開発者ではないWordPressやWelcartのフォーラムに書き込んでも「私たちには分からない部分」となります。

また「WordPress」の動作自体に問題があるのに「テーマ」のサポートに問い合わせてしまうと、テーマ開発者があなたに変わって切り分けから始めないといけない=時間がかかってしまう、コストが発生してしまうということになってしまいます。

ファーストエイドとしての問題の切り分け方を知っているだけで、自分で問題を解決できてしまったり、適切な場所にサポートを求めることでより早い問題解決に繋がります!

Welthemesではテーマのインストールや初期設定のサポートを行なっています。
カスタマイズが必要な場合も別途カスタマイズサービスを用意していますので、ぜひご検討ください。

WordPress 4.8 にアップデート

WordPress 4.8 がリリースされました。

IE8,9,10のサポートが終了となったこと、またウィジェット関連がより便利になっています。
https://ja.wordpress.org/2017/06/08/evans/

(https://ja.wordpress.org/2017/06/08/evans/)

画像ウィジェット

ウィジェットへの画像追加が、WordPress ユーザーの誰もが行えるシンプルな作業となりました。ウィジェット設定内で画像を挿入するだけです。自分の顔写真や先週の旅先での写真などを追加してみてください。自動で表示されます。

リッチテキストウィジェット

この機能は大通りでの記念テープカットに値する重要なものです。リッチテキスト編集機能が、テキストウィジェットに標準装備となりました。お好きなところにウィジェットを追加し、テキストの体裁を整えましょう。リストを作成したり、強調を追加したり、簡単にすばやくリンクを挿入したりできます。新しく手に入れた書式設定の機能を楽しんで使ってみてください。短期間で多くのことが実現できるはずです。

ショップサイトではサイドバーにセールやキャンペーンの画像バナーを掲載することが多いので、これまでのようにテキストウィジェットにコードを書くよりも、大幅に便利になりそうです。

Welcartの動作

Welcartは現在1.9.2でWordPress4.8へのアップデート後も特に問題なく稼働しているようです。

WelthemesのテーマもWordPress4.8での動作を確認し、すべてのデモサイトをアップデートしました。
Welcartの最新情報は公式サイトWelcart Facebookページをチェックしましょう!

パララックスデザインのテーマ「Walden」が好評です

DemoSite4: http://demo4.welthemes.com/?themedemo=welcart_walden

walden01

walden02

walden05

その他のテーマデモサイト

DemoSite1: http://demo.welthemes.com/?themedemo=welcart_novel
DemoSite2: http://demo2.welthemes.com/?themedemo=welcart_hipster
DemoSite3: http://demo3.welthemes.com/?themedemo=welcart_sunshine

Next Posts